片頭痛とは

片頭痛は偏頭痛と表記される場合もあるがどちらも同じものです。
片頭痛は、こめかみから目の奥に掛けて、脈を打つような「ズキン・ズキン」とした 痛みがあるのが特徴です。
頭の片側が痛むことが多いが、両側のこめかみが痛むこともあります。
女性に多い頭痛で、生理時に表れる事も多いです。

片頭痛の起こる頻度は人によって様々だが、月に1~2回痛む人や 週に何度も起こる人もいます。
痛みは1~2時間でピークに達します。
痛み出したら4~72時間ほど続きます。

片頭痛は吐き気や嘔吐を伴う人もいます。
頭痛に伴って情緒が不安定になりやすく、光がまぶしく感じたり臭いが気になったり 音が気になったりもします。

片頭痛が起こる原因

ストレスから起こる片頭痛

  • 不安、うつ・イライラなど精神面の不安定。
  • 環境の変化。
  • 不眠、睡眠障害。
  • 仕事や学業の忙しさによる肉体疲労・精神疲労。
  • 対人関係。
  • 気候条件、環境の変化。

あらゆる日常で起こるプレッシャーが精神的ストレスとなり、 身体を緊張させ頭痛を引き起こします。

片頭痛を改善するための施術

  1. 骨盤の調整(仙骨の動きを改善)
  2. 筋膜リリースで身体全体にかかった圧を抜く(筋膜リリース)
  3. 機能低下している内臓(肝臓・腎臓)の調整
  4. 呼吸筋(肋間筋・横隔膜)の調整
  5. 頚椎の調整
  6. 頭蓋骨の調整(脳脊髄液の循環を良くする)

~2回目以降から下記の調整も取り入れる~

  1. 上部頚椎の調整(神経圧迫の解放)

頭痛でお悩みのお客様は全身が体液の流れが悪く全身が膨張した状態です。
一度目のご来店でまずは身体の圧を抜き全身に体液が流れやすい体内環境を作ります。
そして、頭痛で悩む多くの方々は頭(頭蓋骨)がガチガチで動きがなく脳圧が高いのが特徴です。
本来、健康な頭蓋骨は自然な動きがあり頭で生産された脳脊髄液を背骨を通り身体全体に流し 神経・組織に栄養を与えています。

頭蓋骨の調整をすることにより脳脊髄液の循環が良くなり頭の中もスッキリしてきます。

2回目からはその方の状態に合わせた施術プランを組んで行きます。

初回の施術で8割の方が症状が軽減したことを体感されます。
1度受診されただけですっかり良くなったと感じる方もいます。
しかし、慢性の頭痛を繰り返さなくするには一度の施術では完全とは言えません。
2回目のご来店時は、1回目の施術から日常生活を経てどのような変化があったかを お聞きし、検査により確認し施術を行います。

3回目の施術までは週に1~2度ご来店頂くのがベストです。
その後は多くの方が3~4週間に一度のご来店でも良くなります。

片頭痛は適切な施術を行えば改善に向かうでしょう。