筋膜リリース整体とは

脳や脊髄を覆う硬膜と全身の筋肉を覆う筋膜を体膜といいます。
筋膜リリース整体は硬膜や筋膜の捻じれを解放して血液・リンパ液・ 脳脊髄液の循環を促し自然治癒力を高め頭痛や自律神経に有効な整体です。

<硬膜の働き>
硬膜とは脳と脊髄を覆っている膜で、軟膜・クモ膜・硬膜と3層からなっている膜の一番外側の膜です。
大切な脳と脊髄を外傷や感染から守る為、硬膜は非常に厚く強靭な膜になっています。

そして硬膜は脳脊髄液の循環を促しています。 頭蓋骨調整により硬膜の緊張がなくなり脳脊髄液の循環が促されると、脳呼吸がスムーズに出来るようになり 頭痛が改善されます。

 

<筋膜の働き>
筋膜は筋肉、血管、骨、内臓、神経など身体を構成する大切な部分を 包んでいる薄い膜です。
身体全身を包む筋膜は、筋肉同士をスムーズに滑らせ身体を動かしやすくしています。
姿勢を保持するなどの役目や血液・リンパなどの循環、内臓の位置を正常に保ち内臓器官など の働きにも大きな影響を与えています。

 

筋膜リリース整体の特徴

身体を覆う体膜には日頃の体の使い癖が記憶されています。
筋膜の捻じれやストレスによる硬膜の緊張は血液・リンパの循環不良を引き起こします。
体液の循環不良は自然治癒力を低下させます。
筋膜リリース整体は、心地良い刺激で筋膜・硬膜の状態を整え体液の循環不良を解消し、 頭痛体質を改善し、健康な身体へと導きます。

筋膜リリース整体の効果的な症状

緊張性頭痛、偏頭痛、群発性頭痛などの頭痛 。
自律神経の乱れからくる様々な不定愁訴に効果的です。
自然治癒力を高めることにより本来の健康を取り戻せます。

 

脳脊髄液の重要性

頭痛・めまいを改善するのは、脳で作り出された脳脊髄液を脳内に滞らせることなく全身に送り出すことです。

人間の生命機能を正しく維持させる源となっている脳脊髄液という体液は脳で生産されます。

脳脊髄液は、脳を外部の衝撃から保護し、後頭骨仙骨呼吸運動で頭部から仙骨までの背骨の中を呼吸に合わせて循環し脊柱から硬膜袖を通り手先・足先まで神経の流れに沿って流れ細胞に栄養を与える身体にとって、とても重要な体液です。

血液を送るポンプが心臓なのに対して、神経・細胞の栄養源となる脳脊髄液を身体に送るポンプが後頭骨と仙骨の骨運動です。

後頭骨が位置する頭蓋骨と、仙骨が位置する骨盤がゆがむと後頭骨、仙骨間の骨運動が弱くなりしっかりと脳脊髄液を体内に循環させることができなくなります。すると、脳内には、脳脊髄液が滞留し頭が膨らみ脳や神経を圧迫し頭痛・めまいが発生します。

筋膜リリース整体では、骨盤のゆがみを矯正し仙骨に動きをつけてから、脳脊髄液の通り道である背骨のゆがみを矯正、最後に頭蓋骨を矯正し後頭骨の動きをつけます。

すると、後頭骨と仙骨の骨運動がしっかりと行われる様になり脳内に滞留した脳脊髄液は背骨に流れ出します。

こうして、脳は圧迫から解放され頭痛・めまいが改善されます。

全身に脳脊髄液が流れることにより細胞に栄養が送られるので身体も健康になります。

頭痛・めまいの方は、頭蓋骨と仙骨の動きがとても悪くなっています。

脳で生産される脳脊髄液という体液は脳を保護し、後頭骨の骨運動により脳から背骨へ押し出され骨盤まで流れ仙骨の骨運動でまた背骨を上昇し背骨の中の脊髄神経に栄養を与え絶えず身体を循環しています。

あなたが思っているほど頭痛・めまいは簡単に治らない病気ではありません。

しっかりと脳脊髄液が体内に流れるような体内システムが出来れば頭痛はあっという間に改善していきます。